top
Original Intellectual Record Shop COOL HAND are go!
COOL HAND

古物商許可番号
第731269400017号
(広島公安委員会)

Shopping
Profile
Policy
Amusement
Club60's
E-mail
ゲイリーアッシャー Jr インタビュー
ある日 Gary Usher,Jr. から連絡があった。「Yoshi のホームページ見たよ。
Gary Usher Story に感動したあ!英語ヴァージョンはしないのかい?」
と訊ねられた。「いやあ、あれは偉大な Gary Usher を少しでも多くの日本人に
伝えようと作業してるからね。いまんとこ日本語ヴァージョンのみですけん」
「そうかあ、なにか協力出来る事があったら教えてくれよ」
「じゃあ正式にインタヴューしたいんじゃけど、父親について語ってくれる?」
「もちろん OK」
「Oh Gee そりゃ凄い。こりゃあ我々からしたら”ジョンレノンの息子が偉大な
父親について語る”みたいなもんだ!じゃあ質問形式でインタヴューをするよ」
と言うわけで旧友 Gary Usher Jr. がインタヴューに答えてくれた。
実は Gary Usher Jr.は以前アメリカ滞在中のコーちゃん(小林康樹)と会ってるので
旧友再会的な意味もあり、いつも私と彼の会話は同世代の意見交換みたいな
カジュアルなものだった。ここで改めて貴重な時間をさいてくれて
丁寧な返答をしてくれた Gary Usher Jr. に感謝したい。
質問作成:小林康樹&竹内義彦
インタヴュアー:竹内義彦 (インタヴュアーの竹内義彦はいつものように
突発的に頭が爆発し奇妙な行動に出る事を事前に御理解頂きたい)
 Interviewer - Koki Kobayashi & Yoshi Takeuchi

Koki "Super Torque"Kobayashi

Yoshi "Cool Hand"Takeuchi
Click here
Q1
 The wonderful production "Thunder Road"
 which your father made is put on the market from Sundazed.
 We are wishing that many of your fathers' work reaches
 many fans' ear by the opportunity in this.
 As you know Many fans in Japan who are enjoying your father's music.
 What do you think about this?
 
Gary
 I am very excited about it ! It’s been a while since it
 was last issued as the double disc.
 This new set by Sundazed is a great release
 because it captures the look and sound of the original 3 albums.
 
 この度サンデイズドから貴方のお父さんが残した Thunder Road 他の
 素晴らしい作品がリリースされたね。これについてどう思う?
 我々はお父さんが残した多くの作品がたくさんのファンの耳に届くことを
 願っています。ウキーッ!ヽ(^o^)丿
 
ゲイリー
 そりゃあもう興奮してるよ!前回2枚組セットのCDがリリースされて
 以来だからね。今回のサンデイズドのリリースは素晴らしいよ、
 だって Super Stocks のオリジナルアルバム3枚の外観やサウンドを
 充分に捕らえたCDが出るんだからね。

 
 
← CD オーダー:
これを購入してくれたら解るよおヽ(^o^)丿
Q2
 Did your father use the guitar and the piano for writing songs?
 Is he whether to have written songs also at the house,
 when the idea flashed
 
Gary
 My father wrote songs from the late 50's all the way
 through his career until he passed away in 1990.
 He was a very gifted songwriter but with a unique approach.
 He only used instruments to convey an idea or feel until it took the shape
 he invisioned.
 Then he would use other musicians to get it up to speed.
 He used both guitar and piano in the early days.
 He liked the early Telecasters but his favorite guitar was a 1967 martin d-35
 that I still have.
 
 お父さんは作曲する時にピアノやギターを用いてた?
 彼はアイディアが閃いたら自宅でも曲を書いてたんですか?
 
ゲイリー
 私の父は50年代後半から他界する1990年まで曲を書いていたんだけど
 彼は非常に才能のあるソングライターだった。しかし彼はユニークなアプローチで
 曲を書いていたんだ。彼は頭で描いたアイディアを形にする為に楽器を使用して
 いたんだよ。その時にそのアイディアを直ぐに形にする為に他のミュージシャンを
 使うこともあったね。彼は初期作品においてギターとピアノを使っていたよ。
 特に初期のテレキャスターを父は好んでいたけど、父の愛したギター
 1967年製 martin d-35 は私が大事に所有しているよ ( ̄ε ̄)
 
Q3
 His composition style is what kind of influence to
 have had on you ?
 
Gary
 His songwriting style had a large effect on me
 because we would constantly talk about writing structure Lyrically,
 he always challenged himself.
 His production work in the later years was groundbreaking.
 So I think his use of songwriting was very much part of his lifestyle.
 We wrote many songs together around the time he started writing
 with Brian Wilson again.
 He taught me the trick about songwriting is that you put as much of
 your heart and soul into the creation of a song,
 but you must know when to let it go, and let it find its place.
 
 彼の作曲スタイルはどんなかたちで貴方に影響を与えたんでしょう?
 
ゲイリー
 彼の作曲スタイルは私に大きな影響を与えてくれた。
 何故なら私達が書いてる曲の内容が感傷的になっているからね。
 父はいつも自分自身に挑戦してた。私が思うに彼の作品は
 彼のライフスタイルそのものだったと思うよ。彼の後期の作品がひとつのきっかけ
 だった。私達は後年父とブライアンウィルソンが改めて曲を書き始めたころに
 多くの曲を一緒に書いているんだよ。
 彼は、作曲に関する方法に対して、心や魂を曲の中へ置くべきであることを
 私に教えてくれたんだ。しかし、それをいつ行うべきであるか、
 またその部分を見つけさせるか知っていなければならない。
 
Q4
 Your father taught you the trick about songwriting is that
 ”you put as much of your heart and soul into the creation of a song,
 but you must know when to let it go, and let it find its place ”
 This is a very important sentence.
 This is the required spirit when someone makes something.
 This can become big teachings for you or us.
 Also for everyone.
 We are learning the big thing from the posture in which
 your father tackles works and efforts.
 And we consider that what is necessary is just to express it how.
 Your father taught what was not understood if someone did not do.
 This is Spirit of Rock and Roll. Isn't it ?

Gary
 Yes I agree. All music is a gift.
 And when it is shared between people it amplifies all of the elements
 contained in the music.
 Consciesness thrives on sound and rhythm because it allows your soul to see
 and feel things you cannot see in the physical world.
 My father embarked on a spiritual journey through his music.
 It became an outlet for his questions as well as his statements and concerns.
 I was lucky to be taught many different things using music as a backdrop.
 My dad and I would be mixing a song together,
 while teaching me the principles of layers, colors, tensions and subtleties.
 Many things everyone needs in day to day life.

 これはとても重要なセンテンスですね。これは誰かが何かを作る時に
 一番必要な精神でげす。
 貴方や我々にとってこれは大きな教訓になりえます。
 誰にとっても重要な言葉だね。
 我々は貴方のお父さんが作品に取り組む姿勢や努力から
 大きな事を学んでいます。
 そして我々はそれをどのように表現すれば良いのか考えます。
 誰かがやらなければ解らなかった事を貴方のお父さんが教えてくれました。
 これはロックンロールの魂だよね?

ゲイリー
 Yes 君の言う通りだね。すべての音楽は贈り物だよね。
 また、それは、人々の中で共有される場合、音楽に含まれていた要素すべてを
 増幅させる。物質世界で見ることができないものを君の魂が、
 見て感じることを可能にし、人々の良心はサウンドとリズムによって繁栄する。
 私の父は音楽によって精神的な旅行に乗り出したんだ。
 それは彼が受けた質問に対する答えであり、彼が声明した事柄に対する
 返答だったんだ。私は幸運にも音楽を背景に様々なことを教わった。
 父と私は歌を共にし、その間私に層、色、テンションの微妙な法則を
 教えてくれた。それは日々の生活において誰もが必要とする主要な部分で
 彼は音楽を通して教えてくれたんだ。
 
Q5
 What kind of father was your father at the house?
 As a father. As a musician.
 Was he a strict person?
 Or the wonderful father who loves a family?

Gary
 My father was a very complex man. I don’t think he ever
 considered himself a musician as most of us do.
 He did however consider himself a producer.
 I think that might be a better description of his actual profession,
 although he wore many hats in his 30 year residency in the record business.
 He lived by most accounts a private lifestyle based around his spiritual
 beliefs, and his small circle of family and friends.
 
 貴方のお父さんは家ではどんなタイプの父親でしたか?
 父親として、またはミュージシャンとして。
 もしかして厳格な父親だった?または家族思いの素晴らしいパパ?
 
ゲイリー
 私の父親は非常に複雑な人だった。彼は自分をミュージシャンと考えてなかった
 と私は思うんだ。彼は自分をプロデューサーと考えていたから。
 それは彼のビジネスの正しい表現かもしれないと私は思う。
 彼は30年間のレコードビジネスの中で様々なスタイルの役回りをこなしたが
 家族や友人達と共に、父は父の信念に基づいたライフスタイルを
 過ごしていたんだよ。
  
Q6
 Was your father always working like the Japanese ? Ha ha ha.
 Do you have the recollections which went to travel together with father?
 Is there any episode which remains in recollections?

Gary
 Yes, in America we call it a workaholic !
 When he worked in the studio he was completely immersed in recording.
 He would work very hard, long hours until completion,
 and then he would spend his off time in the yard gardening !
 As far back as I can remember, he would take me to the studios for
 recording sessions.
 I remember going to the early Capitol studios, and RCA in New York.
 I was at all of the sessions for the Bruce Johnston solo album as well as
 the California Music project with Curt Boettcher. I really liked Curt.
 We recorded in Santa Monica California and everyday we would drive on
 the Pacific Coast Highway, where all of the songs from
 Surf Route 101 came from.
 
 お父さんは日本人みたいに毎日働いてた?ワハハハ、、
 貴方はお父さんと一緒に旅行に出かけた想い出とかある?
 もしその時のエピソードとかあったら教えてくだちゃい。ひ〜〜〜っ
 
ゲイリー
 そう、良く働いてたよお。アメリカでは、それをワーカホリックと呼ぶんだ!
 スタジオで働いた時、父は完全に録音に没頭していた。
 父は、非常に熱心に働き、作品の完成までに長い時間を費やすんだ。
 唯一休みの時間に彼は庭をガーデニングをするぐらいだったんだから !
 私が思い出すことができる昔の想い出がある、父はよくセッションレコーディング
 のために私をスタジオへ連れて行き、私は初期のキャピトルスタジオや
 ニューヨークのRCA に行ったことを覚えているよ。
 私はブルースジョンストンのソロアルバムのためのセッションの全てにいたんだ。
 同様にカートベッチャーとカリフォルニアミュージックのプロジェクトにも
 居合わせたんだ。私はほんとうにカートが好きだったよ。
 私達は毎日サンタモニカで録音し、パシフィックコーストハイウェイを
 毎日ドライヴした。それが例の Surf Route 101(国道101号線)だったんだよ。
 
Q7
 Yeah ! I'm also workaholic ! Ha ha ha.
 You were looking at wonderful musician's recording scene
 from a child time.
 I am also doing research of Bruce Johnston and Curt Boettcher.
 If there is episode in their recording, please let me know.
 Bruce Johnston's memory is very ambiguous.
 It is very difficult to get to know his episode.
 And there are few people who can tell the recollections of Curt.
 He is also the legendary person who created the movement
 of California together with your father.

Gary
 Curt Beottcher was awesome.
 Firstly his talent alone was unquestioned.
 He and my father made great music together.
 During the recording of the project to be known as California Music,
 I was captivated by him because he was like a rock star to me.
 In fact, every time Curt did vocals I sat in a chair right in front of him
 in the vocal booth with my headphones on and watched him
 sing every word. I will never forget his personna.
 He smoked ciggaretts and drank Heinekens as
 he performed the most amazing vocals.
 All the while my dad was at the board getting him to cut it better and better.
 There was always a tension between Curt and my Dad,
 but both seemed to have attained the same level of notoriety,
 therefore, they were respectfully forgiving to each other.

 Bruce Johnston on the other hand was a very genuine, nice guy.
 As he cut his album “Going Public” he was riding a huge wave of success
 with his song “I write the Songs” done by Barry Manilow.
 This was in the late 70’s, so some of the songs had a disco flair,
 but I always thought his version of Pipeline was great.
 Also the song Deirdre from that album had Curt all over the vocals.
 I actually had a voice over in one of the songs called Dance with me.
 But it was cut in favor of an older sounding voice.
 Both of those albums were recorded at Sounds Good studios
 in Santa Monica, Ca.

 イエーッ!俺もワーカホリックなんだよ!うひゃひゃひゃひゃ〜〜
 貴方は子供の頃から素晴らしいミュージシャンのレコーディングシーンを
 見ていたんだね。
 私はブルースジョンストンやカートベッチャーの研究もしているんだ。
 彼らのレコーディングでのエピソードがあれば教えてくだちゃい。
 ブルースジョンストンの記憶はとても曖昧でやんす。彼のエピソードを知るのは
 とても困難でげす。
 そしてカートの想い出を語れる人は少ないんだよ。
 彼も貴方のお父さんと一緒にカリフォルニアのムーヴメントをクリエイトした
 伝説的な人物でっせ。

ゲイリー
 カートベッチャーには威厳があったんだよ。
 先ず彼の才能は今ほど評価されていなかったんだ。
 彼と私の父は素晴らしい音楽をいっしょに作り出した。
 California Music として知られるプロジェクトの録音中に、
 私は彼の虜になったんだ。
 何故なら当時の彼は私が思い描いていたロックスターそのものだった。
 実はいつもカートが歌入れをする時にブースの中で私は彼の正面に椅子を
 置いて座ってた。そしてヘッドフォンを通して彼が歌うのをずっと
 見聴きしてたんだ。私は彼の人柄が忘れられない。
 彼はタバコを吸い、彼が素晴らしい歌声を聴かせ、そしてハイネケンビールを
 飲み干す。その間、私の父はますます良くさせるカットを仕上げる。
 それはカートと私の父が作り出すテンションによって保たれてた。
 よくこの二人の仲が悪かったと悪評が流れているが、カートと父は
 互いに尊敬しあって、お互いに対してとても寛容だったんだよ。
 
 ブルースジョンストンは一方では非常に純粋な人だったよ。
 「Going Public」のアルバムをリリースさせるとともに彼は大きな波に乗ってた。
 「I Write the Songs」をバリーマニローが歌ってヒットしたよね。
 これはちょうど70年代の終わり頃。そしてブルースはディスコサウンドの
 才能もあった。しかし私は彼のヴァージョンの「Pipeline」の功績も大きいと
 思うんだ。もっと言えばアルバムには名曲「Deirdre」も収録されていて
 カートベッチャーがヴォーカルを被せている。
 実は私も「Dance with me」という曲で声を被せているんだ。
 しかしそれは古いサウンドヴォイスによってカットされてしまった。
 カートやブルースのアルバムは両方ともサンタモニカの Sounds Good Studios
 で録音されたんだ。
 
Q8
 El Segundo (May 1963), Hawthorne (Aug 1963), Mission Hills (Feb 1964),
 Sherman Oaks (Oct 1964)
 There were the places in which your father lived.
 He has moved no less than 4 times for a short period of time.
 If you remember what kind of place there were, please let us know it.
 For example, it is that the intimate musician also lived in the neighborhood.
 Do you have father teach it?
 Even when your father is private, please let us know the intimate musician.

Gary
 Throughout my life we moved a lot.
 I don’t think it was by design, but it just turned out that way.
 Much of it had to do with his success.
 In the late sixties we moved into the Hollywood hills in a very elaborate
 canyon house.
 It was there that many musicians would be around.
 Especially guys from the bands he was producing, like the Sagittarius,
 The Millennium, the Eagles, Stevie Nicks.
 Joe Walsh bought that house from us,
 and we moved to yet another canyon farther away from
 what he called the "rat race"
 
 El Segundo (May 1963), Hawthorne (Aug 1963), Mission Hills (Feb 1964),
 Sherman Oaks (Oct 1964) これらは貴方のお父さんが当時住んでいた所で
 短い間に4回も引っ越していますね。
 もし貴方がそれらの当時の想い出があれば教えてくだちゃい。
 例えば近所のミュージシャンの友人が住んでいたとか、お父さんから
 聴いたことある?個人的な付き合いのあったミュージシャンとか。
 
ゲイリー
 今思い出してみてもたくさん引越ししたなあ (-_-!)
 しかしそれは計画的に引越したんじゃなくて、必要に応じて引っ越したんだと
 思うよ。その多くは父の成功に関係したんだと思う。
 60年代後半にとても手の込んだハリウッドヒルズの家に引っ越したんだ。
 その周辺にはたくさんのミュージシャンが住んでいたよ。
 例えば Sagittarius や Millennium、イーグルスの奴らとか、Stevie Nicks とか。
 Joe Walsh がいるだろ、彼は私達から家を購入したんだ。
 そして我々は違うキャニオンに引っ越した。
 父はそこを「Rat Race」と呼んでたよ。
 
Q9
 Your father was buying the new car according to success.
 Please let us know the history of the car which your father owned.
 If you know that.
 Have you ridden on father's dress up car ?

Gary
 It is true about my Dad writing 409 because it was the newest engine,
 and he wanted one to race.
 He had a cool 55 black corvette just after the success of the Beach Boys.
 One time I was riding to KRLA with Roger Christian in his Jaguar.
 It was the first time I ever went over 100 m.p.h.
 through the streets of Hollywood.
 As my father’s career moved into the 70's, he bought only Cadillacs.
 He loved the big El Dorado.
 He would buy the newest model every year.
 
 貴方のお父さんは成功に応じて新車を購入していましたね。
 彼が所有していた車の履歴を教えてくだせえ ヽ(^o^)丿
 お父さんの自慢のドレスアップカーに乗ったことある?
 
ゲイリー
 例の「409」を書いて、父さんがニューエンジンの新車を購入したのは
 ホントだよ。彼はレースの為に1台欲しかったんだ。
 彼はビーチボーイズのヒットの直後に55年式のかっこいい黒のコルベットを
 持っていたんだ。ある日私はロジャークリスチャンのジャグアー
 (通はジャガーと言わない。ジャグアーと呼ぶ)に乗せられて KRLA
 (ロジャーのラジオステーション)に行った。私にとってハリウッドのストリート
 を100マイルで通り抜けて行くのは初めての体験だった。
 父は70年代に入るまでキャデラックだけを買っていたんだ。
 彼はキャデラックエルドラドが好きで、毎年ニューモデルを買っていたよ。
 
Q10
 When was it that you understood clearly about your father's occupation?
 We think that his business differed from other common musicians
 and producers. For example, one work is completed from
 a complicated process. How did you consider your father's work?

Gary
 I was aware of my father’s profession and influence very early.
 Around 8 years old.
 Music was our common interest, so naturally I was curious and watched and
 listened very carefully to the way he performed.
 I knew very young he had a very special place in American Music History.
 
 貴方がお父さんの職業を明確に認識したのはいつごろでしたか?
 我々が思うに彼のビジネススタイルは他の一般的なミュージシャンや
 プロデューサーと違い、例えば彼は複雑なプロセスから曲を完成させます。
 貴方はお父さんの仕事をどのように見ていましたか?
 
ゲイリー
 私は、父親の職業やその影響にかなり早くから気づいてた。
 だいたい8歳ぐらいの頃からかな。私も好奇心旺盛だったし音楽は
 我々家族の共通の関心事だったからねえ。
 私は自然と父のパフォーマンスをとても注意深く見聞きするようになっていた。
 お父さんがアメリカ音楽史の中で非常に特別な仕事をしている事に
 気づいていたよ。
 
Q11
 Your father was the person who loved rock n roll.
 We surmise that he also liked country music besides it.
 It is because his style changed from a certain time.
 Of course, there was a movement of folk rock or fork in the background.
 Your father supported change of the music scene very sharply.
 It is whether supposing that was right,
 He liked country music and other music styles positively.
 Some points of contact with a country musician are in his career
 like Hank Snow - Human (Written by Gary Usher)

Gary
 You are Right. He did have a fair amount of country influence,
 but as you pointed out he was very keen on ulterior formats.
 Any deviation in the norm always sparked his interests.
 He was very much ahead of his time.
 Especially in the field of A/R.
 He still doesn’t get enough credit for his work on the groundbreaking
 album by the Byrds "Sweetheart of the Rodeo"
 I think this is largely due to people not knowing my fathers
 true body of work. You see, he always approached a song
 from its roots.
 Then he would let the song determine its own path.
 So weather a song was country or electronic,
 he was able to apply the right creative texture to let it find its place.
 
 貴方のお父さんはロックンロールを愛した人でした。
 我々が推測するに、カントリーミュージックにも造詣が深かった。
 何故ならある日を境にミュージックスタイルを変化させたからです。
 もちろんその背景にはフォークやフォークロックのムーヴメントが
 あったでしょう。貴方のお父さんはミュージックシーンの変化に
 とても敏感でしたよね。
 もしこの推測が正しかったら、貴方のお父さんはカントリーミュージックや 
 他の音楽スタイルも好きだったでしょ?
 例えば彼は Hank Snow - Human を書いていますが、彼のキャリアーの中で
 カントリーミュージシャンとの接点があったでしょ
 
ゲイリー
 君の言ってる事は正しいね。彼はかなりの量でカントリーの影響があった、
 しかも、君が指摘したように父はカントリーフィールドにも非常に熱心だった。
 また彼はどのような変化にも大きな興味を持っていた。
 特に A&R の持ち場で彼は先立って見渡していたようだね。
 しかし彼は Byrds のアルバム「Sweetheart of the Rodeo」において
 十分な功績を認められているとは思えないね。
 この部分においては多くの人が私の父が成し遂げた真実を知らないのだろう。
 君も知ってるように、彼はいつも彼の音楽的ルーツからアプローチをかけて
 その時に彼は彼特有の方法論によって曲を決定付けさせていたんだよ。
 そう、それによって曲をカントリーやカントリーロックに馴染ませていた。
 彼はクリエイティヴな素材を見出しやすい状況に当てはめていったんだ。
 
Q12
 I read many interview of The Byrds member.
 They are telling. Your father was a wonderful able producer.
 At that time They had many problems.
 For example The Leadership, The difference of each one's opinion,
 member's trouble.
 As for these, each one of talents conflicted.
 I guess so.
 And Columbia records was also carrying out great expectation to their sales.
 However, they were only situations with their difficult recording.
 Your father edited each one of talents intelligibly in these difficult situations.
 This was very hard work.
 Those days AM radio stations and country listeners are reported to
 have felt sense of incongruity for "Sweetheart of the Rodeo"
 Was the gap in the consciousness of just country music listeners
 and rock music listeners?

Gary
 I think it was an obvious solution by Columbia at the time to introduce
 this “fused” record into the mainstream.
 By this time country music writers were starting to get songs placed
 in the pop charts.
 The natural progression was to go the other way with it.
 So, Columbia had an act on the roster in the Byrds, with the ability to
 crossover and a record in the can.
 Look what happened 10 years later with the Eagles.
 I think there is a natural, safe element in a country song.
 Not just in content but in structure.
 You know, begins well, ends well type of thing.

 私はバーズのメンバーのインタヴューを読みました。彼らは語っていますね、
 貴方のお父さんが素晴らしく有能なプロデューサーだったと。
 あの頃のバーズは沢山の問題を抱えていましたね。
 リーダーシップ、メンバーの意見の違い、メンバーのトラブル等。
 これらは各人の才能が衝突していたのだと私は考えておりんす。
 そして会社も彼らの売上げに大きな期待をしていた。
 しかし彼らのレコーディングは困難な状況ばかりだった。
 これらの困難な状況の中で貴方のお父さんは各人の才能を解りやすく編集した。
 これはとても辛抱が必要な仕事でやんすよ。しかし当時の AM ラジオ局や
 カントリーリスナーは「Sweetheart of the Rodeo」のアルバムから
 違和感を感じたと報じられています。
 正当なカントリーミュージックリスナーとロックミュージックリスナーの意識に
 ギャップがあったんでしょうかねえ。

ゲイリー
 私自身は Columbia Records がこのレコードをメインストリームに紹介する
 明白な解決策だったと思うんだ。事実この時までに、カントリーミュージックの
 作家はポップチャートに歌を送りはじめていた。
 これは自然な流れとして他方面にクロスオーヴァーしてきていた。
 したがって Columbia Records はクロスオーヴァーさせていく方向の名簿に
 バーズを入れてパッケージ化していたんだよ。
 その10年後にイーグルスが何を起こしたか考えてごらん。
 私はナチュラルで安全な要素がカントリーミュージックに備わってると思う。
 それはコンテンツ内容ではなく、構造としてだよ。
 解るかい、はじめ良ければ後も良し、みたいなタイプで。
  
Q13
 Rock n roll always needs to be ventured.
 Moreover, a market is unmaintainable if the adventure is not carried out.
 This album is the masterpiece of Country Rock now.
 However, giving a theme to this work what contributing to
 rediscovery of roots music greatly.
 But in the ironical thing , Columbia records and The Byrds were
 holding the financial problem at that time.
 We could evaluate this album justly now.
 Your father drew their talent. He has put it on the suitable place.

Gary
 Yes, fortunately as time has smiled on this record, it would appear
 like he had put everything in its proper place,
 but at the time he was dealing with the feuding band members
 and a general change of direction from a songwriting standpoint.
 My dad was an incredibly strong personality,
 so I would expect the sounds and arrangements to be in proper order to
 stand the test of time.
 However in some of his recordings most noteably in the later 70’s,
 the records are appreciated only by the purists.

 ロックンロールはいつも冒険が必要です。またその冒険をしなければマーケット
 は維持できまへん。
 現在このアルバムはカントリーロックの名作だと言われています。
 そして当時この作品にテーマを与える事はルーツミュージックの再発見に
 大きく貢献しています。
 しかし皮肉なことにこの時期にコロムビアレコードとバーズは財政的な問題を
 抱えていました。
 現在我々はこのアルバムを正当に評価できるでしょう。
 貴方のお父さんが彼らの才能を導きました。
 彼はそれを適切な場所に置いています。

ゲイリー
 その通り。また幸運にも過ぎ去った時間がこのレコードを正当に評価してくれた
 ように、父が適切な場所に全てを入れていた部分が表面に現れてきた。
 しかし当時、作曲者の見解からバンドメンバーが対立しないように
 父が方向性を話し合っていたんだ。
 私のお父さんは信じられないほどに強い個性の持ち主だったよ。
 だから私はそれらのサウンドやアレンジは実験に耐えうる適切な
 手段だったと思っていた。
 特に70年代後期の父のレコーディングの多くは純粋主義の人によってのみ
 評価されるだろう。
 
Q14
 In late 60's,The recording style is very unique.
 Even Major company is so.
 It is the opposite of systematic recording.
 It is very experimental and was carried out mostly with the danger of being
 incalculable.
 Your father's work was maintaining a certain fixed quality in such a situation.
 This is wonderful.
 Because, he understood consciousness change of youth culture,
 and transition of market by his past experience.
 We are the generations who got to know the Vietnam War at the child time.
 American. music industry was changing.
 It is difficult to correspond according to growth of music listeners.
 However, your father tried hard and was equivalent to listeners.

Gary
 During this time period it is important to keep in mind that
 the recording process was changing by leaps and bounds.
 It went from 8 track to 16 then to 24 in a short period of time.
 This effected many aspects of the business.
 By increasing tracks just think how songs were able to grow.
 As a result the lush pop sound came alive.
 Studios got bigger and so did production budgets.
 It was said that the Millennium LP “Begin” was the most
 expensive album to date.
 My dad was certainly responsible for most of it.
 He absolutely embraced the new creative freedom that
 this new technology afforded him.
 I think by the early seventies he believed that by pioneering sounds and
 adding the right pop elements the recording scene would continue to be
 in front of the music buying public.

 60年代後半のレコーディングスタイルはとてもユニークですね。
 メジャーレーベルですら、それはシステマティックなレコーディング
 と正反対です。それはとても実験的であり、計算できない
 危険性を多く持ってしました。
 そんな状況で貴方のお父さんの作品はある一定のクオリティーを保っていた。
 これは素晴らしい事ですよ。何故なら彼は過去の経験でユースカルチャーの
 意識変化やマーケットの推移を理解していた。
 我々は子供の時にベトナム戦争を知った世代ですが、その裏でアメリカの
 音楽産業が変化していた。
 音楽リスナーの成長に応じて対応するのは難しい事です。
 しかし貴方のお父さんは努力してリスナーに対応していった。

ゲイリー
 この期間に、録音プロセスがとんとん拍子に変わっていた事実を
 心に留めておくことが重要だね。
 それは8トラック録音から16トラックになって、短期間で24トラックまで
 行ったんだからね。これによってビジネスは多くの様相を達成させた。
 その結果、曲群がどのように成長していったのか容易に知る事が出来る。
 まるでポップサウンドは生きているかのように成長していった。
 スタジオはより大きくなり、それに伴いプロダクションの予算は膨らみ続けた。
 当時 Millennium のLP「Begin」は最も高いコストをかけたアルバムだった。
 したがって私の父はその殆どの責任を負ったんだ。
 彼はこの新技術が与えた新しく自由な空気を肌で感じていた。
 私が思うに、70年代初頭までに父が開拓した正しいポップミュージック
 の要素を加える事によって、レコーディングの在り方が一般購買層に
 普及したんだと思うよ。
 
Q15
 Various styles theme music exists in the history of American rock n roll.
 Theme music which your father created that introduced the life style of
 Southern California.
 Those music is the record which the performer in the past and
 the creator left. In the time It changes quickly and goes.
 but it has the brightness which never fades
 .It keep shining in listeners' mind.
 Because, eager efforts are transmitted from the music
 which your father created.
 These songs has the rock & roll spirit

Gary
 It is nice, isn’t it? Capturing a sort of timecapsuled consciousness.
 It brings feelings to you that are only awakened when you hear something
 that was very important to you.
 Much of the time like in my father’s case, this is done unintentionally.
 He was driven to create what he was hearing in his soul,
 but many times you can not tell if it will have a lasting effect on people.
 You just do what your heart is telling you, and hope that
 people enjoy your passion.
 Gary Usher had a very fortunate career that continues to reward us with
 timeless inspiration and enjoyment.

 アメリカンロックンロールの歴史の中で様々なスタイルのテーマミュージックが
 存在するよね。
 貴方のお父さんがクリエイトしたテーマミュージックは南カリフォルニアの
 ライフスタイルを我々に紹介してくれた。
 それらの音楽は在りし日のパフォーマーやクリエイターの残した記録です。
 急速に変わり行く時代の中で、それは決して色褪せない輝きを持っています。
 それはリスナーの価値観の中で輝き続けている。
 何故なら貴方のお父さんのクリエイトした音楽からは懸命な努力が伝わるんだ。
 スポイルされていないロックンロールスピリットがそこにあった。

ゲイリー
 それは素晴らしい事だよね。一種のタイムカプセルに封印された意識を
 捕らえること、それは君にとってとても重要だった曲を聴く場合に
 それを呼び覚ますだけの感情を君に与えてくれるはずだ。
 私の父の多くのサウンドにおいて、この感情は自然に訪れるんだよ。
 彼は彼自身が魂の中で聴いていたサウンドを造り出すために作業してたから。
 それがしばしば人々に永続させる効果があるのか解らないけど
 君は君の心に伝わる音楽を人々に伝え、また人々が君の情熱を心地よく
 受け入れてくれる事を望むよ。
 ゲイリーアッシャーは、永遠のインスピレーションと楽しみで私達に
 報い続ける。彼はそんな幸運な経歴を持っていたんだよ。
  
Q16
 When your father was young, he was on the register in the U.S. army.
 He is stayed in Japan then.
 Have you heard the thing of Japan of those days from him?
 (Curt Boettcher also lived in Japan those days. It's very interesting thing.
 That is because his father was stationed to Japan as a military man)

Gary
 Yes, he did spend time in Japan, but I believe most of
 his time was spent in the hills of South Korea.
 
 貴方のお父さんが若い頃兵役についていて、その時に彼は日本に滞在しています。
 それら彼の日本での思い出を聴いた事がありますか?
 (興味深い事にカートベッチャーもまた軍人の父親につれられてその時期
 日本の岩国基地で生活していた)
 
ゲイリー
 その通り。彼は日本で過ごした事がある。しかしその多くは韓国のキャンプで
 過ごしていたはずだよ。
  
Q17
 Please let us know your most favorite music with his work.
 Why is it?

Gary
 This is a hard question because I am a true fan.
 Firstly, he had distinct 'eras' of work. the 60's 70's and 80's.
 So, I have favorites with each.
 His surf and drag sound is truly fantastic.
 He had the right musicians, and the means to market the songs
 that captured a whole movement and feeling of
 the Southern California youth culture.
 Same thing with the 70's. The Sagittarius and the Millennium are
 nothing less than brilliant flower pop records.
 Again reflecting the climate of the time.
 He had his share of struggles in the 80's adapting to the technology,
 but with his synth-based solo album Celestium,
 he was truly on a mission to take his ideals into a new medium.
 But if nothing else, "In My Room" is truly a classic song. Perfect.
 
 貴方のお父さんの作品で貴方が一番好きな曲は何ですか?
 またそれは何故 (・・? 
 
ゲイリー
 私はホントのファンなので、これは難しい質問だねえ。
 第1に、60年代、70年代、80年代と彼は時代によって別個のワークスを
 残しているからね。私は各時代のお気に入りがあるんだ。
 彼のサーフィン&ホットロッドサウンドは本当に素晴らしい。
 彼は素晴らしいミュージシャンとともに南カリフォルニアのユースカルチャーを
 捕らえてムーヴメントを起こす素晴らしい曲をリリースしていた。
 同じように70年代までに Sagittarius や Millennium 等のブリリアントな
 フラワーポップもリリースした。それはまたその時代の息吹をマーケットに
 反映させる事だったんだ。
 また80年代にはそれらの技術を用いて時代に適応させるよう努力した。
 シンセサイザーを使ったソロアルバム Celestium ではテクノロジーに挑んだ。
 彼は彼なりに80年代のミドルエイジに対する使命感を持っていたんだ。
 敢えて一つを選ぶなら「In My Room」だね。
 これは本当に名曲だね。完璧な名曲だよ!ヽ(*`Д´)ノ
  
Q18
 Please let us know your birth date.
 Do you have a brother or sister ?

Gary
 I was born on March 31st 1964
 Yes Two Brothers and a Sister.
 
 貴方の生年月日を教えてくだちゃい。兄弟や姉妹がいましゅか?
 
ゲイリー
 1964年3月31日生まれで、二人の弟と妹がいるよ。
  
Q19
 We surmise that you learned many things from him besides it.
 Consideration and stance to the market.
 Do you have some directly taught from him?

Gary
 I have made my living in the record business to this day.
 I can only imagine that this is a direct influence of my Dad.
 
 貴方は彼から多くの事を学んだと思います。マーケットへの考察や
 スタンスとか。お父さんから直接学んだ事はありますか?
 
ゲイリー
 私は現在までにレコードビジネスで生計をたてている。
 これ即ち父さんから直接の影響だと思うね
  
Q20
 We found your guitar play on Brian Wilson's - Let's go to heaven in my car.
 Did you learn the guitar from your father?

Gary
 Not really. Oddly enough, he could only show me basic chord structures.
 But I quickly became a guitar nut and learned playing in my bands.
 I soon could play guitar much better than he could.
 He then would get real mad at me if I didn’t play something exactly
 as he asked ! He was hard to work for because he knew just what
 he wanted things to sound like, and if you didn’t play it,
 it would be a very long night.
 
 我々はブライアンウィルソンの「Let's go to heaven in my car」で貴方の
 ギタープレイを確認する事が出来ます。お父さんからギターを学んだ事が
 ありますか?
 
ゲイリー
 直接お父さんから手取り足取りじゃあないけど、
 彼は数回ベイシックなギターコードを教えてくれた。
 しかし私は直ぐにギター小僧になって、ギタープレイを私のバンド
 活動で学んでいった。私は直ぐにお父さんよりギターが
 上手くなってたんだ。そしたら彼は指図した通りに私が
 演奏出来なかったら直ぐに怒るんだよ (^_^)
 彼はどの部分でどのようにギターを鳴らせと要求が高いからねえ。
 「もしそれを演奏出来なかったら録音は深夜まで続くぞ!」
 って怒られたり。
 
Q21
 We think that Brian Wilson is a very special person.
 He is the person who is easy to become nervous.
 Does he complete a work by the special method?
 When recording various kinds of parts,
 Does he condacut ?
 Is there any episode when you participating in his recording?

Gary
 Yes, Brian Wilson is a legend.
 I have always been fascinated by his unique presence and
 his spiritual connection to the masses from his musical expression.
 He has had the fortune and burden of carrying such a karmic debt
 in this lifetime.

 I worked with Brian for almost a year in the privacy of House of Usher studios.
 As both My Father and Brian began to retrace some musical steps
 and embark on yet another sonic journey.
 Both men were surrounded by the anticipated demands of the Record Industry.
 Many refer to the results of this collaboration as the “Wilson Project”
 It is well documented in Stephen McParlands book of the same title.
 It was a hard time for both, but It was the start of Brians evolvement
 into his present status.

 When both Brian and my father were on a creative cycle,
 it was fantastic to watch.
 Brian hammered out block major chords with standard loveable hooks,
 and my father would conduct and pilot the momentum into a pop format.
 Brian would have a lyric or phrase and my dad would embellish it.
 After the sessions, we would strip the parts down and re congregate them into
 workable structures. This is where you could see both of them drawing
 from the rich palate of musical genious they both had access to.
 We went into Record One in North Hollywood to record a song called
 “Lets go to heaven in my car”.
 At this point the Wilson / Usher project was highly visible and
 there were a lot of people around at those sessions.
 A really crazy atmosphere, with a film crew and all the record execs.
 My dad did his best to keep his composure,
 but he hated all of the “helping hands” around.
 But when It was time to record my guitars Brian and my dad were
 rocking out telling me to just go for it.
 I played it like a heavy metal guitar track over a pop song !
 I remember thinking this is nuts! It was used in the movie Police Acadamy 4.
As well as Brians self titled debut solo record on Rhino.

 ブライアンウィルソンはとても特別な人だと我々は思います。
 彼はナーヴァスになりやすい人ですよね。
 彼は特別な方法で作品を完成させるのですか。
 各種のパートを録音する時に彼は指揮していましたか。
 彼のレコーディングに参加した時のエピソードはありんすか?

ゲイリー
 Yes, ブライアンウィルソンは伝説的な人だよ。
 私は常に彼のユニークな存在に魅了されていた。
 彼の音楽表現に対する精神的な接点、彼は一生を通じてそのようなカルマと
 それに伴う大きな負担を背負い続けている。
 私は自宅スタジオで1年近くブライアンウィルソンと作業したんだ。
 私の父親とブライアンは互いに音楽的なステップを引き返し、新たなチャレンジ
 としてコンビを復活させた。
 また二人ともレコード業界が当然ながら要求する事に囲まれていた。
 それは互いにとって困難な作業だった、これらのコラボレーションの経緯は
 ドキュメント化されて
Stephen McParlands 著の「Wilson Project」で
 紹介されているよね。
 しかしこれは当時のブライアンの状況を進展させていく計画の
 スタートだったんだ。
 ブライアンと私の父親の両方が創造的なサイクルでいた時、それは見るに
 とても素晴らしい光景だったよ。
 ブライアンは、基本的な愛らしいフックを備えたメジャーコードの小説を作りあげ
 私の父親はそれをポップフォーマットへ導き、操縦していった。
 ブライアンはよく叙情詩を作り出し、また、私の父はそれを装飾していったんだ。
 セッションの後に、私たちはパートを分解し、曲を構築するために改めて
 集めなおした。これは音楽を良く知る二人だから可能な方法で、彼らは
 双方からアクセスしていったんだよ。
 我々はその曲を持ってノースハリウッドで録音したんだ。
 それが「
Lets go to heaven in my car」なんだ。
 このポイントでは、ウィルソン/アッシャープロジェクトは高度に進んでいるのが
 目に見えたよ。それらのセッションに多くの人々がまわりにいたんだけど
 映画制作クルーとレコード会社の幹部が狂気のような空気を生み出してた。
 私の父はブライアンが平静でいれるように最善を尽くしたんだ。
 しかしブライアンは周囲の手助けを嫌がった。
 だけど私がギターパートを録音する時にブライアンと父は割と
 自由にさせてくれた。
 私は「じゃあ」とばかりにへヴィーメタルなギターを入れてやったんだ!(^o^)/
 後になって私は「さすがに、こりゃあバカだ!」と思ったのを覚えてるよ (ToT)/
 これは映画「ポリスアカデミー4」の中で使用されてるよね。
 同様に Rhino のブライアンのソロアルバムでも聴ける
 
Q22
 Have you met Al Simms (American International Pictures) or Dick Dale ?
 How were you concerned with the beach movie of the 80s?

Gary
 No, I never met Al; most of the people associated with AIP were not
 regulars around my early home life.
 However, I am still very close with the Frankie Avalon Family, as well as
 Annette and Dick Dale.
 As a guitar player, Dick is such a great inspiration to me.
 The Beach Party movie “Back To The Beach” was being worked on
 throughout the Early 80’s.
 Frankie and Annette were working hard on scripts and production with
 Paramount Pictures while I was in High School with the Avalon Boys
 (Frankie Jr. and Tony)
 By the Time it went into production, I was out of High School working at
 a local record store, and doing sessions with my dad at night.
 Paramount obviously wanted Gary Usher’s involvement, and we started
 pre-production on the songs for the new beach party movie at
 our House of Usher Studios.

 I remember when my dad asked me what I thought about working with
 Stevie Ray Vaughn. I couldn’t believe it!
 I was such a big fan of Stevies.
 I knew the Dale / Vaughn / Usher collaboration would be great.
 I was very lucky to be a part of those sessions.
 We did all of the backing tracks at our Home Studio,
 and the main guitars at Record One.
 Stevie even used some of my equipemt in the studio.
 We completed a dozen or so songs for Back to the Beach,
 and most did not make it into the movie.
 After the music was completed I auditioned for a part in the movie,
 as a band member in the musical scenes.
 My Dad told me “You should do this because it will be something you can
 always look back on”
 You may not know this, but my father too, was cast in all of the original
 Beach Party movies.
 He is many scenes if you look carefully.
 So, it seems we have that in common too.
 
 貴方は American International Pictures の社長 Al Simms や
 Dick Dale に会った事がありんすか?
 80年代のビーチムーヴィーに貴方はどのように関わりましたか?

ゲイリー
 それが私は Al Simms に会った事ないんだよ。AIP に関連した殆どの人達は
 当時の私の生活環境では一般的な付き合いがなかったんだよ。
 だけどフランキーアヴァロンの家族が近所だったようにアネットやディックデイル
 とは付き合いがあったんだ。特にギタープレイヤーとしてディックは
 私に多大なインスピレーションを与えてくれた人だよ。
 80年代初頭の映画「Back To The Beach」が上映されていた頃、フランキーと
 アネットはパラマウント映画のスクリプトとプロダクションを熱心に作業していて
 私とフランキーアヴァロンの息子達(フランキージュニアとトニー)は
 同じ高校に在学してたんだ。ちょうど企画がプロダクション化した頃、
 私はローカルレコードショップでバイトしながら、毎晩父とセッションしてた。
 その頃、パラマウント映画は明白に私の父の関与を望んでいた。
 また、私たちは新しいビーチムーヴィーの歌のプリプロを父の House of Usher
 スタジオで作り始めていたんだ。
 
 今思い出したけど、父が私に尋ねてきた「スティーヴレイヴオーンと仕事を
 することに関してどう思う?」と言われ、私は「信じられない!」と
 大喜びしたよ。なぜなら私はスティーヴィーの大ファンだったからね。
 ディックデイル、スティーヴレイヴォーン、ゲイリーアッシャーの
 コラボレーションなら凄い事になるって解ってたんだ。
 私がそれらのセッションに参加できたことは非常に幸運だったよ。
 我々は全てのバックトラックを自宅のスタジオで完成させてメインギターを
 録音させた。さらにスティーヴィーは幾つかの私の機材を使ってくれて
 映画「Back To The Beach」の為の歌入れや録音を完成させたんだ。
 しかし多くの部分は映画では使用されていないよ。
 それらの録音が完成した後に、私はバンドメンバー役のオーディションを
 受けた。私の父は「オーディションを受けるべきだよ、何故ならいつでも
 君はそれを振り返って見る事が出来るようになるから」と私に言った。
 君は知ってるかい、私の父もビーチムーヴィーに出演してるんだよ。
 注意深く見てたら、彼が多くのシーンに出演してるのが解るよ。
 そう、君もその映画のヴィデオを持ってるはずだよ。
 
Q23
 Did your father teach you the composition style?
 Or you tried hard or able to get sound style from his work ?

Gary
 I definitely am influenced by his songwriting technique.
 I use the same tablets for writing, and the same tape recorder for ideas.
 I think you can hear it in my songs too.
 
 お父さんは貴方に作曲方法を教えてくれました?
 もしくは貴方は努力して彼のワークスから学んでいった?
 
ゲイリー
 私は間違いなく彼の作曲技術の影響を受けている。
 私は父の残したライティングボードを使って曲を書き、
 父のテープレコーダーを使ってアイディアを残していってるんだ。
 その影響は私の曲を聴いたら解ると思うよ。
  
Q24
 Are there any musician and contact which your father introduced for you?
 Please let us know you musician's career and recent state

Gary
 I have a recording studio, "House of Usher Studios" at my house like he did.
 I do commercial work and soundtrack material.
 I have 2 bands that I play in:
 Sprayface is my surf band which I am releasing my first album on my label
 House of Usher this summer.
 I also play locally with my band the Jetstars around Southern California.
 You can see them both on Myspace.com
 
 お父さんが貴方に紹介してくれたミュージシャンやコンタクトはありますか?
 貴方のここ最近の活動を教えてくだちゃい
 
ゲイリー
 私はお父さんが自宅に残してくれた"House of Usher Studios"という
 レコーディングスタジオを所有していて、商業的な作業やサウンドトラックの
 素材を作ってる。
 また私は二つのバンドを持ってプレイしていて
 先ず Sprayface、これはサーフバンドで夏に私のレーベル House of Usher から
 ファーストアルバムをリリースする。
 もう一つのバンドは the Jetstars といって、南カリフォルニアで活動してる。
 両方とも Myspace.com で確認出来るのでよろしく
 
Koki & Yoshi
 Many readers who got to know your birth date
 And They feel very close to you. They reported it to me.
 Please give a message to us the same generations

Gary
 Well, I am a true Aries !
 Thank you again for the opportunity to speak to my friends.

 貴方の生年月日を知った多くの読者が貴方に親近感を感じています。
 彼らはそれを私に報告してるんですよ。
 我々同じ世代にメッセージをください

ゲイリー
 え〜っと、俺はまじで牡羊座だっ!ヽ(^o^)丿マジ、マジ(笑)
 私は、貴方達に話しかける機会を与えられ、とても感謝しています!
 
Koki & Yoshi
 Thank you very much for your precious time.

Gary
 Again, thank you so much for your true interest and support.
 Your enthusiasm keeps my fathets spirit alive.

 Gary Usher Jr.
 June 2006

Koki & Yoshi
 貴重なお時間頂きありがとうごぜーました

ゲイリー
 こちらこそいつも君達の熱心な姿勢とサポートにとても感謝してるよ。
 君達の熱意に私の父の魂が生き続けているよ
 Gary Usher Jr.
 June 2006

Koki & Yoshi
 号泣 (ToT)/~~~

Click here
 
Gary Usher,Jr. の Surf Band Sprayface の商品を購入したい場合は
 http://www.myspace.com/sparayface
 
 http://www.tagworld.com/sprayface//World/MyWeb.aspx
 
 Info More
 
www.metalblade.com

 Gary Usher
 International Sales & Distribution
 Metal Blade Records
 4025 E. Chandler Blvd. PMB 70-D7
 Phoenix, Az. 85048
 480-705-7940
 Fax 480-705-7946
 
Copyright (C) 2004 coolhand-records.com. All Rights Reserved.