top
Original Intellectual Record Shop COOL HAND are go!
COOL HAND

古物商許可番号
第731269400017号
(広島公安委員会)

Shopping
Profile
Policy
Amusement
Club60's
E-mail

Steve Barri
 Cool Hand Records / Steve Barri Interview
 Sloan-Barri の曲を子守唄代わりに聴いて育ったと
 言っても過言ではない私、竹内義彦だが年がら年中
 Sloan-Barri の曲を歌ってると次々とマニアックな疑問が浮かんでくる。
 マッドなプロフェッサー竹内は「これは Steve Barri さん本人に尋ねる
 しかないっ!」と論文製作を始めた。その狂気の論文は海外の友人達の
 マニアックな魂に火をつけた。私は Sloan-Barri 作品に対する論文と
 平行して、論文の幾つかのパートをシンプルに書き直して、それを
 ベースに Steve Barri さんへのインタビュー原稿を作成した。
 私的には 「Steve Barri さんが詳細を忘れてしまう前に文字にして
 残しておかないと」との懸念からディープな展開になりそうな自分を
 抑えて、なんとかカジュアルな会話へと努力したつもりだが
 二人の間の微妙な温度差が「いとをかし」「もののあわれ」といった
 趣で、そこは隙間風を感じながら読んでください(笑)
 Grammy Winner のプロデューサーである Steve Barri さんは
 大瀧詠一さんとも交流があった。そんなレジェンドが日本を代表する
 バカな中古レコードディーラーのマニアックな質問に答えてくれた。
 ここで改めて貴重な時間をさいてくれて丁寧な返答をしてくれた
 Steve Barri さんに心から感謝したい。
 インタヴュアー:竹内義彦
 
 Interviewer - Yoshi Takeuchi
 Dear Mr. Barri
 Nice to meet you, I have been studying Sloan-Barri songs for many years.
 Sloan-Barri credits are more valuable than Lennon-McCartney for me.
 I had a chance to interview Phil Sloan,
 but it wasn't possible because he died...
 So I wrote Phil Sloan story on my web site that dedicated to
 the feat of Phil Sloan and Sloan-Barri.
 Many fans know that the wonderful teen pop lyrics you wrote fit
 the melody written by Phil Sloan.
 I still sing the songs you wrote almost every day.
 My favorite songs are "Autumn", "You Baby",
  "I Know You'll Be There" etc etc.
 When I write the Phil Sloan story, I can see how wonderful
 the lyrics you wrote.
 If you are OK, I would like to interview you, including what
 has been a mystery for many years in my Sloan-Barri research.
 About your debut, about The Story Tellers,
 about when you met Phil Sloan etc etc.
 
 Steve
 Hi Yoshi, Thanks for you interest in my works.
 I'll answer your questions as best I can
 even though I don't remember a lot of it.
 
 
 私は長年 Sloan-Barri の曲を研究してきました。
 Sloan-Barri クレジットは、私にとって Lennon-McCartney
 よりも価値があります。私は以前 Phil Sloan にインタビューする
 機会がありましたが、彼が亡くなったためにインタビュー
 できませんでした...それで、私は Phil Sloan と Sloan-Barri の
 偉業に捧げた Phil Sloan Story を私のウェブサイトに書きました。
 多くのファンは、あなたが書いた素晴らしいティーンポップの歌詞が
 Phil Sloan によって書かれたメロディーに合っていることを知っています。
 私は今でもあなたが書いた曲をほぼ毎日歌っています。
 私の好きな曲は「Autumn」、「You Baby」、
 「I Know You'll Be There」などです。
 Phil Sloan Story を書いていると、あなたが書いた歌詞がどれほど
 素晴らしいかがわかります。
 よろしければ、私の Sloan-Barri 研究で長年謎になっていたことも含めて、
 インタビューしたいと思います。デビューについて、The Story Tellers について、
 Phil Sloan と出会ったときなどについて等。

 スティーヴ
 私の作品に興味を持ってくれてありがとう。
 あまり覚えていないけど、できる限り答えるよ。
 
 Q1
 How did you make your debut at The Nortones?
 How did you meet Lou Adler?
 

  The Nortones 1959
 Steve Barri and Bernie Reed
Steve
The Nortones was a duo
consisting of myself and
a neighbor of mine.

As for meeting Lou Adler,
that happened in 1963 when
he signed me as a writer to
Screen Gems-Columbia Music
after hearing my record of
"When Two People" by
The Storytellers on the radio.
 
 The Nortones でどのようにデビューしましたか?
 Lou Adler とはどのように出会いましたか?
 
 スティーヴ
 The Nortones は私と私の隣人からなるデュオだったんだ。
 Lou Adler との出会いについては、1963年にラジオで The Storytellers の
 「When Two People」の私のレコードを彼が聞いた後、彼が
 Screen Gems-Columbia Music のライターとして
 私と契約したときに起こったんだよ。
 

 Q2
 The Story Tellers (Nick Delgado, Al Sanchez) has released
 what you wrote "Hey Baby" on Zenith 1001 ($ tack 500 is 2nd pressing).
 Please let me know how you took over The Story Tellers after that.
 Also let me know how you formed the trio with
 Carol Connors (Annette Kleinbard)
 and Cheryl Connors (Cheryl Kleinbard) then.
 

The Storytellers
Steve
The Storytellers group that
I was part of with Carol and
Cheryl Conners was never
involved with the other Storytellers
group that was on Zenith Records.
 
 The Story Tellers(ニック・デルガード、アル・サンチェス)
 Zenith 1001 で貴方が書いた「Hey Baby」がリリースされました。
 ($ tack 500 はセカンドプレス)
 その後、The Story Tellers を貴方がどのように引き継いだ
 のか教えてください。
 また、Carol Connors(Annette Kleinbard)
 そして妹の Cheryl Connors(Cheryl Kleinbard)
 とトリオを結成した経緯を教えてください。
 
 スティーヴ
 私が Carol と Cheryl Conners 姉妹と共に所属した The Storytellers は、
 Zenith Records にあった他のグループ The Storytellers には
 関与していなかったよ。
 
 
 Q3

 I was so excited to find an old article.
 Eiichi Ohtaki, a legendary Japanese musician and producer.
 Ohtaki's disciple is my mentor, Tatsu Yamashita,
 and I'm a record supplier for Tatsu's oldies radio show.
 Ohtaki-san had the legendary oldies radio show
 called "Go! Go! Niagara" in 1975 to 1983.
 In memory of Ohtaki, Ichiro Asatsuma, an adviser to the Japan Music
 Publishers Association, wrote a comment.
 According to it, Ohtaki asked Ichiro Asatsuma to contact you.
 Asatsuma went to your studio every day for a month in 1970,
 but he lost your contact information. And Asatsuma asked his friend
 Evan Meadow (president of Windswept Pacific Entertainment Company).
 Evan Meadow said, "My wife Cheryl (Cheryl Connors) used to
 record a few songs with Steve Barri and I can still get in touch with him."
 OMG! Evan Meadow's wife was a member of The Storytellers!
 Mr. Asatsuma seems to have forgotten what question Ohtaki
 asked you. But what Ohtaki said, Mr. Asatsuma remembers only one.
 When Steve Barri was a high school student, he worked part-time
 at a record shop called Nortys.It seems that Jerry Leiber also worked
 at this shop when he was young.
 Otaki-san loved this episode and wanted to use it on his oldies radio show.

Eiichi Ohtaki / 大瀧詠一

 Ichiro Asatsuma / 朝妻一郎

 Steve 
 I do remember Ichiro Asatsuma spending some time with me in 1970.
 He was very interested in our recording process.
 Honestly, I don't remember much of the discussions we had other than
 the fact that he was very knowledgable and talented.
 
 Yes, it's true, I worked at a record store called Norty's for all the years
 I was going to Fairfax High School.
 It was a great experience because I got to listen to
 the A and B side of every record that came out at the time.
 It's also true that Jerry Leiber did work there about five or
 six years before I did. Both he and Mike Stoller were two of
 my greatest influences in wanting to write songs.
 
 Both Carol and Cheryl Connors were friends of mine when
 we formed the group, The Storytellers. We only made the one record
 called "When Two People" and it was because of that record being
 played on the top station in Los Angeles that Lou Adler signed me
 to a songwriters contract at Screen Gems-Columbia Music.
 

Mike Stoller (L) and Jerry Leiber (R) with Elvis Presley

 私は古い記事を見つけてとても興奮しました。
 日本の伝説的なミュージシャン兼プロデューサー、大瀧詠一さん。
 大瀧さんの弟子は私のお師匠である山下達郎さんであり、私は達郎さんの
 オールディーズラジオ番組のレコードサプライヤーです。
 大瀧さんは1975年から1983年にかけて伝説のオールディーズラジオ番組
 「Go!Go!ナイアガラ」を放送しました。
 大瀧さんを偲んで、日本音楽出版社協会の顧問である朝妻一郎さんが
 コメントを書いています。それによると、大瀧さんは朝妻さんに貴方へ連絡を
 とりたいと打診しました。朝妻さんは1970年に1ヶ月間毎日貴方のスタジオに
 行ってましたので貴方をよく知っていた、しかし、朝妻さんはあなたの連絡先
 情報を無くしてた。そして、朝妻さんは友人の Evan Meadow
 (Windswept Pacific Entertainment Company の社長)に尋ねました。
 Evan Meadow は、「私の妻の Cheryl (Cheryl Connors) は、若い頃に
 Steve Barri と数曲録音していた。私はまだ彼と連絡を取ることが
 できるよ」と言ったそうです。
 ああ、神様! Evan Meadow の妻は The Storytellers のメンバーでした!
 朝妻さんは大瀧さんが貴方にどんな質問をしたか忘れてしまったようです。
 でも朝妻さんは大瀧さんが言った事を1つだけ覚えています。
 「Steve Barri が高校生だったとき、彼は Nortys と呼ばれるレコード店で
 パートタイムで働いていた。Jerry Leiber も若い頃このお店で働いていたようだ」
 大瀧さんはこのエピソードが大好きで、彼のオールディーズのラジオ番組で
 使用したかったようです。
 
 スティーヴ
 1970年に朝妻一郎と一緒に過ごしたのを私は覚えてる。
 彼は私たちの録音プロセスに非常に興味を持っていた。
 正直なところ、大瀧さんが非常に知識が豊富で才能があるという事実以外に、
 私たちが行った議論の多くを覚えてないんだ。

 はい、それは本当だよ、私はフェアファックス高校に通っていた
 すべての年の間、Norty's と呼ばれるレコード店で働いていた。

 そこでは当時出てきたすべてのレコードのA面とB面を聞くことが
 できたので、とてもいい経験になったよ。
 私が働く約5、6年前に Jerry Leiber がそこで働いていたのも事実だよ。

 彼と Mike Stoller の両方は、私が曲を書きたいという
 最大の影響力の二人だったんだ。
 
 
 I am grateful that you have spent your precious time answering politely.
 You and Ohtaki-san are my idols. Asatsuma-san is a great man.
 I am very happy to hear directly from you that there was a point of contact
 between the American and Japanese legends.
 This episode is of great significance in the history of Japanese music.
 It was my job to connect many glittering stars in the universe with a line,
 so it was an important role for me to connect you and Ohtaki-san
 with a line. I wasn't a student of Ohtaki-san,
 but Tatsu-san was a student of Ohtaki-san.
 I am a student of Tatsu-san. So it's my pleasure to
 tell Tatsu-san this episode.

 
 
 貴方の貴重な時間を使って丁寧にお答えいただき、私は感謝します。
 貴方と大瀧さんは私のアイドルです。朝妻一郎さんは偉人です。
 アメリカと日本のレジェンドの間に接点があった事を貴方から
 直接聴けてとてもうれしいです。
 このエピソードは、日本の音楽の歴史において非常に重要です。
 宇宙のきらびやかな星を線でつなぐのが私の仕事ですので、
 貴方と大瀧さんを線でつなぐことは私にとって重要な役割でした。
 私は大瀧さんの生徒ではありませんでしたが、山下達郎さんは
 大瀧さんの生徒でした。そして私は達郎さんの生徒です。
 ですから、このエピソードを達郎さんに伝えるのは私の喜びです。
 
 
 Q4
 Harvey Bruce is often credited to your early songs,
 but what is his position?
 
 Steve
 Harvey Bruce was a high school friend of mine
 who wrote some songs with me.

 ハーベイ・ブルースはしばしばあなたの
 初期の曲にクレジットされていますが、彼の立場は何ですか?

 スティーヴ
 ハーベイ・ブルースは私の高校の友達で、当時
 私と一緒にいくつかの曲を書いていたんだよ。
 
 
 Q5
 When and how did you meet Phil Sloan?
 What was the first song Sloan-Barri wrote as a songwriter team?
 
 Steve
 It was Lou Adler who put Phil Sloan and I together to
 create a songwriting team.

Phil Sloan (L) and Steve Barri (R)
 
 いつ、どのようにして Phil Sloan に会いましたか?
 Sloan-Barri がソングライターチームとして最初に書いた曲は何でしたか?
 
 スティーヴ
 Phil Sloan と私を引き合わせて作詞作曲チームを作ったのは
 Lou Adler だった。
  
 
 Q6
 I am fascinated by your beautiful singing voice.
 The Imaginations "Summer In New York" (Dunhill D-4092)
 Thomas Group "Is Happy This Way" (Dunhill D-4117)
 Your vocals are really great. I was very excited when
 I first heard these two singles
 because I wanted to hear your vocals that you couldn't express
 on The Fantastic Baggys. Many people think you're a great producer,
 but I think you're also a great singer.
 I have your early demo tracks on acetate,
 when were these recorded? Who is the songwriter?
 Steve Barri - Mr. Teardrop (Demo)
 Steve Barri - He Just That Kind Of Guy (Demo)
 

Steve Barri
Steve
Thanks for your kind words
about my vocal abilities
but my interest was always
more in songwriting and
producing.

Phil Sloan and I did a lot of
background vocals together
and I always felt he was
the better singer.
 
 私はあなたの美しい歌声に魅了されています。
 The Imaginations "Summer In New York" (Dunhill D-4092)
 Thomas Group "Is Happy This Way" (Dunhill D-4117)
 あなたのヴォーカルは本当に素晴らしいです。
 この2つのシングルを最初に聞いたとき私はとても興奮していました
 The Fantastic Baggys では表現できなかったあなたのヴォーカルを
 聞きたかったからです。
 多くの人があなたは素晴らしいプロデューサーだと思っていますが、
 私はあなたは素晴らしい歌手でもあると思います。
 アセテートに関する初期のデモトラックはいつ録音されましたか?
 ソングライターは誰ですか?
 Steve Barri - Mr. Teardrop (Demo)
 Steve Barri - He Just That Kind Of Guy (Demo)

 スティーヴ
 私のヴォーカル能力についての親切な言葉に感謝するけど、
 私の興味は常に作詞作曲とプロデュースにあったんだよ。
 Phil Sloan と私は一緒にたくさんのバックグラウンドヴォーカルをした、
 そして彼が私より良い歌手であると私はいつも感じてたんだ。

 
 Q7
 Also, please let me know about some other mysterious demo tracks.
 Who is singing these is my long-standing question.

 P.F. Sloan & Unknown Female Singer - Just Love Me (Demo) /
 Acetate : 1964 May 14th.

 P.F. Sloan & Unknown Female Singer -
 It's The Lettle Things He Does (Demo) /
 Acetate :

 Unknown Female Singer - I Ain't Gonna Love You /
 Acetate : Written by P.F. Sloan-Steve Barri

 Unknown Female Singer - Susan /
 Harmony Recorders Acetate :


Darlene Love
Steve
I don't remember the demo titles
you're talking about.
However, we did use Darlene Love
as a demo singer during
our early years.

 また、他のアーティスト不明なデモトラックについて教えてください。
 誰がこれらを歌っているのかは私の長年の疑問です。
 P.F. Sloan & Unknown Female Singer - Just Love Me (Demo) /
 Acetate : 1964 May 14th.

 P.F. Sloan & Unknown Female Singer -
 It's The Lettle Things He Does (Demo) /
 Acetate :

 Unknown Female Singer - I Ain't Gonna Love You /
 Acetate : Written by P.F. Sloan-Steve Barri

 Unknown Female Singer - Susan /
 Harmony Recorders Acetate :

 スティーヴ
 君が話しているデモタイトルを思い出せないなあ。 しかし、私たちは初期の頃、
 デモ歌手としてダーレン・ラヴを使用していたよ。
 
 
 Q8
 Sloan-Barri participated in the Swim movement in the recording
 for SBK Productions (SBK = Sepe-Brooks-Krasnow).
 At this point, The Blossoms became more involved in recording
 the songs you wrote.
 The same is true for recordings on Vee-Jay. So you experienced recording
 with The Wrecking Crew on this Dance movement era.
 It's amazing that the young song writer team just formed are
 experienced recording with top sessionmen.
 Please let me know if you have any memories or episodes of that time.

 Steve
 As far as our early productions are concerned, it was Lou Adler
 who suggested the musicians we should work with.
 As we all know, The Wrecking Crew seemed to play on most of the records
 coming out of the west coast.

The Wrecking Crew
 
 Sloan-Barri は、SBK Productions(SBK = Sepe-Brooks-Krasnow)
 のレコーディングで Swim ムーブメントに参加しました。
 この時点で、The Blossoms はあなたが書いた曲の録音に
 より深く関与するようになりました。
 Vee-Jay での録音についても同じことが言えます。
 それで、あなたはこのダンスブームの時代にレッキン・クルーと
 一緒にレコーディングを経験しました。
 結成されたばかりの若いソングライターチームがトップセッションマンとの
 レコーディング経験があるのは驚くべきことです。
 その時の思い出やエピソードがあれば教えてください。

 スティーヴ
 私たちの初期の作品に関する限り、私たちが一緒に仕事をするべき
 ミュージシャンを提案したのは Lou Adler だった。
 みんなも知ってるように、レッキン・クルーは西海岸から出てきた
 ほとんどのレコードで演奏しているようだった。

 
 Q9
 Regarding Dunhill Production era.
 Changed the session vocal group for Jan & Dean from
 The Matadors to Sloan-Barri.
 It can be seen from the demo tracks at that time that the demo session for
 Swim movement has grown into sounds adapted to
 Surfin' & Hot rod movement.
 The teen lyrics you wrote fit perfectly with the melody written
 by Phil Sloan, just fantastic!
 The Fantastic Baggys has made the boys' summer vision forever.
 Let me know about the history of The Fantastic Baggys project.
 Also let me know if you have any memories or episodes of that time.

 Steve
 The Fantastic Baggys evolved from a group of demos we had recorded
 of songs we wrote for some of the surf groups at the time.
 Once again, it was Lou Adler who suggested we put them out
 under a group name, so we wrote a few additional songs and
 incorporated it all into an album.

The Fantastic Baggys
 
 ダンヒルプロダクション時代について。
 Jan&Dean のセッションボーカルグループを The Matadors から
 Sloan-Barri に変更しました。
 当時の Swim ムーブメントのデモトラックは、サーフィンとホットロッド
 ムーブメントに適応したサウンドに成長しました。
 あなたが書いたティーンの歌詞は、Phil Sloan が書いたメロディーと
 完璧に調和しています。
 ファンタスティックバギーズは、少年たちの永遠の夏の
 ビジョンを作り上げました。
 ファンタスティックバギーズプロジェクトの歴史について教えてください。
 また、当時の思い出やエピソードがあれば教えてください。

 スティーヴ
 ファンタスティックバギーズは、当時いくつかのサーフグループのために
 書いた曲を録音したデモのグループから発展したんだ。
 繰り返しになるけど、グループ名でそれらを出すことを提案したのは
 Lou Adler だったので、いくつかの追加の曲を書いて、
 それをすべてアルバムに組み込んだんだよ。

 
 Q10
 Also, the Kinks' Ray Davies' younger brother guitarist Dave Davies
 was an eager fan of the Fantastic Baggys.
 The riff of the 1964 blockbuster "You Really Got Me",
 which became synonymous with The Kinks, was from
 Fantastic Baggys' "Anywhere The Girls Are". The opening riff is quoted.
 Similarly, The Kinks' "All Day And All Of The Night" riff is quoted
 in Hal Blaine's "Drums A Go Go" by Sloan-Barri.
 Were these catch balls by mutual counter-reaction?

 Steve
 As far as The Kinks guitar riffs, most of the artists making records
 at that time would borrow ideas from other artists.
 I was always trying to do a west coast version of the Motown sound
 so the similarities might be there but they were always done out
 of admiration of records that came before.
 
 また、キンクスのレイ・デイヴィスの弟ギタリスト、デイヴ・デイヴィスは
 ファンタスティックバギーズの熱心なファンでした。
 1964年の彼らの大ヒット作「You Really Got Me」のリフ、
 キンクスの代名詞となったのはファンタスティックバギーズ
 「Anywhere The Girls Are」のオープニングリフが引用されています。
 同様に、キンクスの「All Day And All Of The Night」のリフが
 Sloan-Barri による Hal Blaine 「Drums A Go Go」で引用されています。
 これらのキャッチボールは相互のリアクションによるものでしたか?

 スティーヴ
 キンクスのギターリフに関しては、当時レコードを作っているアーティストの
 ほとんどは他のアーティストからアイデアを借りていたんだよ。
 私はいつもモータウンサウンドの西海岸バージョンを作ろうとしていたので、
 類似点があるかもしれないけど、それらは以前のレコードの賞賛から
 常に行われていたんだ。


 Q11
 In South Africa, Fantastic Baggys' "Anywhere The Girls Are" was
 used on the A-side without permission,
 and B-side recorded a cover of Jan & Dean sung
 by the South African group Falling Leaves,
 And this single under the name of The Fantastic Baggys was released
 on both sides (South Africa Imperial IRS-94).
 Knowing that, you wanted to go on a tour of Europe and
 South Africa after this hit, but then Lou Adler canceled the contract
 with Liberty and prevented you from going abroad.
 Lou Adler probably knew that "Anywhere The Girls Are" was
 a local hit in South Africa?

 Steve
 I really have no recollection or information about "Anywhere the Girls Are"
 and what you're pertaining to.
 I do know that Lou Adler never had us cancel any trip to South Africa.

 
 南アフリカでは、ファンタスティックバギーズの「Anywhere The Girls Are」が
 許可なくA面で使用されました。B面は南アフリカのグループ Falling Leaves
 が歌った Jan&Dean のカバーを録音しました。
 ファンタスティックバギーズという名前のこのシングルは、両面でリリース
 されました(南アフリカ Imperial IRS-94)
 それを知って、あなたはこのヒットの後にヨーロッパと南アフリカのツアーに
 行きたいと思っていました、しかしその後、Lou Adler はリバティとの契約を
 キャンセルし、あなたが海外に行くことを妨げました。
 (注:これは生前の P.F. Sloan インタヴューで P.F. Sloan が指摘していた事)
 Lou Adlerは、「Anywhere The Girls Are」が南アフリカでローカルヒット
 していたことをおそらく知っていましたか?

 スティーヴ
 君が指摘している「Anywhere The Girls Are」のことについて
 私の記憶や情報は本当にない。
 Lou Adler が南アフリカへの旅行をキャンセルしたことも知らなかった。


 Q12
 P.F. Sloan researchers have pointed out for some time.
 P.F. Sloan "Ain't No Way I'm Gonna Change My Mind"
 (Written by Sloan-Barri) was written under the influence
 of Bob Dylan "I Want You"

P.F. Sloan - "Songs Of Our Times"
In chronological order,
on the contrary, P.F. Sloan recorded
"Ain't No Way I'm Gonna Change
My Mind" on his album
"Songs Of Our Times"
(Dunhill DS-50004) and released
it in September 1965.

Bob Dylan "I Want You" is the 1966
album "Blonde On Blonde"
It came out for the first time in.
Album recording period
January 25-June 1966,
album released on June 20, 1966.
 That means that the equation "Bob Dylan's" I Want You "was written
 under the influence of P.F. Sloan" Ain't No Way I'm Gonna Change My Mind "
 If I published this fact. Then history will be rewritten,
 or if I start a dispute with Bob Dylan's researchers,
 a global war will be inevitable. LOL
 Bob Dylan's researchers, who have won the Nobel Prize in Literature,
 are widespread all over the world.
 So, if I could explain using my hypothesis, 
 First of all, P.F. Sloan is an album Twelve More Times was
 released in February 1966
 that includes "When The Wind Changes" (Written by P.F. Sloan),
 which was under the influence of“Blowin' In The Wind” written
 by Bob Dylan released in 1963.

Bob Dylan - Blonde On Blonde

Bob Dylan, who was recording
"Blonde On Blonde" at the time,
was reminiscent of "Ain't No Way
I'm Gonna Change My Mind"
from the album released
by P.F. Sloan in September 1965.

The album "Blonde On Blonde",
which recorded "I Want You" and
recorded the song, was released
on June 20, 1966.
 So Bob Dylan used "I Want You" to
 "Welcome to the Singer songwriter album market" to P.F. Sloan,
 who had already shown his determination to be a solo singer
 with a guitar machine gun in his album released in September 1965.
 With this, a mutual catch ball was established on June 20, 1966.
 I would like to hear your frank opinion on this case.

 Steve
 Phil Sloan idolized Bob Dylan and because of that decided that
 he wanted to be a singer/songwriter.
 We changed his name to P.F. Sloan and tried to be
 the best imitation of him that he could.

 

 P.F. Sloan の研究者たちは、P.F. Sloan "Ain't No Way I'm Gonna Change
 My Mind" (Written by Sloan-Barri) は Bob Dylan ”I Want You” の
 影響で書かれたと長年指摘してきました。それどころか、時系列で並べれば
 "Ain't No Way I'm Gonna Change My Mind" が収録された P.F. Sloan の
 アルバム「Songs Of Our Times」(Dunhill DS-50004)は1965年9月に
 リリースされました。Bob Dylan ”I Want You” は、1966年のアルバム
 「Blonde On Blonde」収録です。
 このアルバムのレコーディング期間は1966年1月25日から6月、
 アルバムは1966年6月20日にリリースされました。
 つまり、Bob Dylan ”I Want You” は P.F. Sloan "Ain't No Way I'm Gonna
 Change My Mind" の影響下で書かれたという方程式になります。

 私がこの事実を公表した場合。その後、歴史が書き直されるか、
 Bob Dylan の研究者と論争を始めた場合、
 世界大戦は避けられないでしょう(笑)
 ノーベル文学賞を受賞した Bob Dylan の研究者は世界中にいます。
 ですから、私の仮説を使って説明できれば、
 まず、P.F. Sloan は1966年2月にリリースされた彼のアルバム
 「Twelve More Times」で “When The Wind Changes”(P.F. Sloan 作)
 を収録した、この曲は1963年にリリースされた Bob Dylan によって
 書かれた “Blowin' In The Wind” の影響下にありました。

 「Blonde On Blonde」をレコーディングしていた Bob Dylan は、
 P.F. Sloan が1965年9月にリリースしたアルバム収録曲
 "Ain't No Way I'm Gonna Change My Mind" を彷彿とさせる
 ”I Want You” を書いて収録したアルバム「Blonde On Blonde」を
 1966年6月20日にリリースした。Bob Dylan は ”I Want You” を使用して
 Welcome to the Singer Songwriter アルバムマーケットを
 P.F. Sloan へ表明しました。

 P.F. Sloan は1965年9月にリリースされたアルバムで、ギターマシンガン
 を持ったソロ歌手になる決意をすでに示していたので、これにより、
 1966年6月20日に相互キャッチボールが成立しました。
 この件について貴方の率直なご意見をお聞かせください。

 スティーヴ
 Phil Sloan は Bob Dylan を偶像化し、そのため彼は
 シンガーソングライターになりたいと決心したんだよ。
 私たちは彼の名前を Phil Sloan から P.F. Sloan に変更し、
 Bob Dylan の最高の模倣となるように努めたんだ。
  

 Q13
 The Grass Roots's early project era, you've got more producer credits.
 Recording technology at that time had greatly evolved in a short
 period of time. While overdubbing by multitracks became mainstream,
 message songs soon became in great demand.
 Especially from that time, West coast recordings was in the process
 of growing into a brand.
 What was the situation in the West Coast market that
 you felt as a producer at that time?
 After all, the era when majors cost a lot was coming to an end.
 And was the singer-songwriter making a simple recording and
 accepting it by the listeners because of the financial unrest caused
 by the Vietnam War? Or did the listener get tired of big production
 and move to a simpler sound?
 I think the current complex situation is similar to the situation at that time.


The Grass Roots - Let's Live For Today
Steve
When Phil Sloan decided to
become an artist I became
the sole producer of
The Grass Roots, starting
with "Let's Live For Today",
even though both our names are
listed. Over the years,
as the music started to change,
we did incorporate larger
productions but it was always
a matter of what works best for
that particular song and record.

 The Grass Roots の初期のプロジェクト時代、あなたはより多くの
 プロデューサークレジットを持ちはじめました。当時の録音技術は
 短期間で大きく進化しました。
 マルチトラックによるオーバーダビングが主流になる一方で、
 メッセージソングはすぐに大きな需要になりました。
 特にその時から、西海岸のレコーディングはブランドに
 成長する過程にありました。
 当時、貴方がプロデューサーとして感じていた西海岸市場の
 状況はどうでしたか?
 結局のところ、メジャーによる多額の費用がかかる録音の時代は
 終わりに近づいていましたか?
 そして、シンガーソングライターはシンプルな録音をして、それを
 リスナーは受け入れました。ベトナム戦争によって引き起こされた
 財政不安のためにだったのでしょうか?
 それとも、リスナーは大きな作品に飽きて、よりシンプルなサウンド
 に移行しましたか?
 現在の複雑な状況は当時の状況と似ていると私は思います。

 スティーヴ
 Phil Sloan がソロアーティストになることを決心したとき、
 私は "Let's Live For Today" から始めて、The Grass Roots の
 唯一のプロデューサーになった。
 何年にもわたって、音楽が変化し始めたので、私たちはより大きな作品を
 取り入れたけど、それは常にその時に特定の曲とレコードを
 最適なものにしようとする案件だったんだ。


 Q14
 This is the wrong credit for the song writer, isn't it?
Terry Black-
Baby's Gone /
Single: Canada Arc A1149
Release Date: Oct 1966
Written by Sloan-Barri.
Produced Sloan and Barri for
Dunhill Prod. Produced in
Canada by Arc Sound Limited.
Writer credits for side A
on the label are
P.F. Sloan-Steve Barri

 But wrong composer credits on A-side label. 
 It`s actually Graham Bradly-Barry Mason.
 (Also British singer Graham Bonney released "Baby's Gone"
 in 3 June 1966) BMI is no help as "Baby's Gone" is not credited
 to any of the writers on this release.
 There is not credit for arranger on A-side label.
 # 33 at CHUM (Radio station in Toronto Canada)
 for the week of November 14, 1966.

 Steve
 As far as the Terry Black situation is concerned,
 I'm totally unaware of what the Canadian credits read.
 

 これはソングライターが間違ったクレジットですよね?

 スティーヴ
 Terry Black の状況に関する限り、私はカナダでのクレジットが
 何をされていたのかをまったく知らないんだよ。
 

 Q15
 Finally, please give a message and
 what's the current condition to all the fans.

 Steve
 Personally, I've pretty much retired from the music industry.
 Although, I do have a current project on which I'm executive producer.
 The album is called "There's Something About the Night" by Scott Ellison.
 It's a Blues/Rock album that currently number three
 on the Blues/Rock album charts.

 I hope this has been helpful and thanks again for your interest.
 Sincerely,
 Steve Barri


 最後に、ファン全員にメッセージと現状を教えてください。

 スティーヴ
 個人的には、私は音楽業界からかなり引退しました。
 とはいえ、私は現在、エグゼクティブプロデューサー
 を務めるプロジェクトを持っています。
 Scott Ellison のアルバム「There's Something About the Night」
 これは、現在ブルース/ロックアルバムチャートで3位に
 なっているブルース/ロックアルバムです。

 これがお役に立てば幸いです。ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
 Sincerely,
 Steve Barri
  

Scott Ellison -
There's Something About the Night

Manufacturer : Liberation Hall
Original Release Date : 2022
Date First Available : Oct 26, 2021
Label : Liberation Hall
ASIN : B09KDZCFYS
Country of Origin : USA
Number of discs : 1
 The Latest CD from Tulsa born Scott Ellison, playing the blues
 with hints of Rock 'n' Roll and Soul, wrapped in a contemporary shell.
 A member of the Oklahoma Blues Hall of Fame since 2013,
 Scott continues to tour the United States and Canada.
 Produced by the legendary Steve Barri (ABC/Dunhill and Warner Bros.)
 In Scott's words: I must say how much I've enjoyed the entire process
 of working on this album, There's Something About the Night, starting with
 the classic hit, "Aint No Love in the Heart of the City" to the very last song.
 It was sheer joy to put these songs together and to collaborate with
 my Oklahoma home boys" Having the multi-talented Grammy writer
 and producer Steve Barri being our executive producer was
 the cherry on top! Having his input and expertise in making some of
 the greatest records of all time was a true blessing.
 It doesn't get any better than that!
(Back)
Copyright (C) 2004 coolhand-records.com. All Rights Reserved.